「さようなら」みなみ、ちゅうおう

半世紀ありがとう

​ 本別中央、南保育所が閉所式   記事、写真は、 「かちまい」から

 4月に開園する「幼保連携型認定こども園ほんべつ」(町南3、運営・釧路カトリック学園)への統合に伴う、中央、南の両保育所の閉所式が17日行われ、半世紀にわたる保育の歴史に幕を閉じた。
 中央保育所(川本千枝所長、園児66人)は1964年6月12日、本別初の季節保育所として開設されたのが始まり。65年に本別常設保育所、80年に現名称に。
 南保育所(北山真優美所長、園児65人)は70年に本別南へき地保育所(柏木町)、80年から現在地で運営してきた。
 この日、南保育所では午前10時から式を行い、高橋正夫町長が「こども園に移行するための希望の閉所式です」と式辞、方川一郎町議会議長が来賓のあいさつをした。
 歴代所長を代表し、南保育所で87年から13年間務めた田西昭子さんが「玄関に入ると、思い出が走馬燈のように浮かびます。南という名前は消えますが、それは未来への出発です」と話した。最後に子どもたちが「ありがとうさようなら」を合唱、涙の閉所式となった。
 4月以降、中央保育所施設は児童発達支援センターとなる予定で、南保育所の活用は決まっていない。(木村仁根)

〒089-3314  北海道中川郡本別町南3丁目16番地4 学校法人釧路カトリック学園  幼保連携型認定こども園ほんべつ

 TEL 0156-22-2520 FAX 0156-22-2509   E-mail  genkidesu@f1.octv.ne.jp